2016年08月16日

京都 グルメ 一銭洋食

一銭洋食というの初めて聞きました。お好み焼きの元になった料理なんだとか。どんなものかと見てみると、みずで溶いた小麦粉を焼いて、ネギなどを載せて焼きソースをかけたものという事で、たしかにお好み焼きの祖先っぽい。

おもしろい。B級グルメですね。大正の食堂を思わせるネーミングがいいですね。明治以降いろいろな食べ物が諸外国から入ってきて、食も様変わりしましたが、その頃から和洋折衷という新しい料理がたくさんあったんですね。そしてそれが今でも食べられる場所が京都にある。

何も知らないと、見た目あまりぱっとしない印象ですが、そういう歴史を知ると食べた時の味わい方も変わってきます。お好み焼きのルーツを探っているような不思議な食の旅かな。


posted by たびっこ at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都 グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

京都 グルメ 福かぶり

冬は温かいスイーツが食べたくなりますね。

日本の温かスイーツといえば「ぜんざい」。



そのぜんざいも京都では、ちょっとおしゃれなものがあります。

ひとつは、栖園「福かぶり」



老舗和菓子屋「大極殿」の甘味処にそれはあります。

このお店は、「琥珀流し」と呼ばれる寒天の和菓子が有名ですが、

冬に提供される、この「福かぶり」も名物です。



中に栗の入ったお餅にあつあつのこし餡がかかっています。

ぜんざいとは、ちょっと趣向が違う感じもしますが、

そこから派生したものかな、と想像がつくくらい、

見た目は似ています。



寒い京都で、このあつあつの福かぶりを食べて

おいしく温かいひと時を楽しんでみたい。



次回京都を訪れたときのスイーツ探訪リストになっています。


posted by なないも at 04:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都 グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

京都 グルメ アプリ

コトログ京都和菓子という無料の和菓子カタログアプリがあります。



京都の和菓子をリストにして

人気順にランキングされていて、

さらに食べた感想まで載っています。



さらに季節ごとの和菓子や新製品情報も。

観光にくるとおみやげを買うのに苦慮しますが、

そんな時にこれつかますね。



京都に住んでいる人にも役に立つのではないでしょうか。

さらにお店の周辺情報まで。

今は片時もスマホを手放せない時代ですから、

こういうのちょうど良いですね。



posted by なないも at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都 グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SEO対策テンプレート
京都